前へ
次へ

独立費用を抑える方法

他の業種に比べると独立費用がかからないと言われている弁護士ですが、自身の事務所を構えるなどこだわることでそれなりの費用が必要となります。必要となる費用の内訳としては、弁護士会への会費、事務所の賃料、事務用品、スタッフの給与などがあります。これらは、毎月分割で支払うものがほとんどです。独立する前には、支払いが無理なく行うことが出来るようにしっかりと見積もりをするということが重要になります。独立費用を抑える方法としては、自宅を事務所にする、スタッフを雇わない、備品などを購入しないなどの方法があります。その一方で、抑えるべきでないものもあります。投資するべきお金としては、集客に役立つようなものということになります。

top用置換

top用置換2
Page Top